FC2ブログ

トラファルガル海戦!!

やっほい^^
皆様、英国海軍のネルソン提督はご存知でしょうか??
わが家には提督のでっかい肖像画があります。


提督


ネルソン提督はナポレオン戦争やアメリカ独立戦争時代の英国海軍軍人です。
なかなか面白い人で、この人の伝記、戦記のほか
同時代を描いた冒険小説などによく出てきますので、
知らない人はぜひ調べてみてください。

そして。。。
今日は運命のトラファルガル海戦の日です。

1805年10月21日 スペイン トラファルガル岬沖


トラファルガル


253 269 863 261 471 958 220 370 4211924
『英国は各員がその義務を尽くすことを期待する』

ホワイトエンサインとユニオンジャックを掲げたネルソン提督率いる英地中海艦隊が仏ヴィルヌーヴ提督率いる仏西連合艦隊に2列縦隊で突入

1200時 フランス艦の砲撃開始
1210時 英ロイヤル・ソヴリンが敵戦列を突破
      以降激しい乱戦となる
1259時 英旗艦ヴィクトリーが敵戦列に突入
1310時 ヴィクトリーが仏レドウタブルに接舷
1325時 ネルソン提督銃撃により負傷
1630時 ネルソン提督戦死
1745時 日没となり戦闘終了

1805年11月6日 ロンドンの海軍卿に勝利の知らせが届きました。

今まさに、小職は慟哭の淵に溺れんとしております。 我々は後世に不朽の名を残すべき一人の英雄を失いました。 しかし、小職にとってこの英雄は若いころから親しくした終生の友人であり、その隅々にまで知り尽くしております。 また、彼の人に抜きん出た思考にどれほど励まされて参ったことでしょう。 この友の死に直面して、小職は心が張り裂けんばかりです。 確かに彼は栄光に包まれ逝きましたが、それを思っても悲しみは少しも癒されないのであります。

次席指揮官 青色海軍中将 
カスバート・コリングウッド

参加艦艇(戦列艦) 
27
仏・西33

損失艦(戦闘終了後の拿捕、難破は含まず)
0
仏・西18


トラファルガー海戦は英国の完全な勝利

英国は偉大な提督と引き換えにナポレオンの本土進攻からの開放されます。
そして以後1916年のジュトランドの海戦まで英国の海上支配が続くのでした。

ネルソン提督の死について
ヴィンセント伯爵は「ネルソンはただ一人」と語っています。

一方、敵将のヴィルヌーヴ提督は
「確かにネルソン提督ほどの人物は再び現れないかもしれない。
しかしカディス沖の英艦隊では、全艦長がネルソン提督であった。」

と述べています。

また、ネルソン提督と同じくこの海戦で戦死したダフ大佐は
「ネルソンは非常に愛すべき優れた人で、思いやりにあふれた指揮官であったので、
我々は彼が希望する以上のことを行い、彼に命ぜられなくても彼の意のあるところを知ろうとした。」

と書き残しています。

私はヴィルヌーヴ提督が感じたように、ダフ大佐がそうありたいと思ったように、
英海軍の中にネルソン提督の熱い心が宿っていると信じています。

今日はここまでぇ
なんか疲れた><

ノシ


スポンサーサイト



プロフィール

たこ焼きクマ

Author:たこ焼きクマ
真摯に公開準備中です!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR